FC2ブログ

大王


Eublepharis fuscus

イベントんときに、ダイオウトカゲモドキの質問された時用に種親の画像アップしときます。

「大きくなったらどんな感じですかぁ?」
とか
「40cmにはなりますかぁ?」
というとき用ですな(笑)

まぁ、そろそろ皆さんおわかりなんでしょうけど、40cmにはなりませんわな(笑)
まだまだ未記載の大型ユーブレ個体群ってのは存在するんでしょうけど、コイツに至ってはイベントとかでもお話してるように、まぁガッツリ育てたデカいオスでも27、8cmくらいで、ハードウィッキーとどっこいどっこいといったところですな。
デカさだけで言うなら、圧倒的にオバケトカゲモドキのほうが大きいです。
体型の面で言えば、アンラマンユ、ハードウィッキー、フスカスの3種の中では、フスカスが一番所謂「ヒョウモン(狭義のmacularius)」に近いです。
ハードウィッキーはなぜかニシアフ寄り、オバケはやっぱり異質ですな。
あの手足長くてヒョロ~ンにドデカ頭の体型見ちゃうとね。

あ~、これでいろんな人から怒られるかな(笑)
もうね、自分で「輸入」して「殖やしてる」以上、大体の最大サイズなんてのは当然知ってるワケで、そんな隠せるモンでもないっすから(苦笑)

でもね。
前から言ってますが、フスカスの良さは大きさじゃあないんだよ、と。
イベントとかでもお客さんと話しててよく思うのは、「大きさ」と「値段」に注目が行き過ぎてて「生体そのもの」にあんまり目が行ってないんじゃないかと。
意外と情報が無いってのも一つの理由としてあるかもですね。
日本語のテキストでほとんど紹介されてないのもあるんでしょうね。

なんか以前も書いたような気がしますが、レアものにはよくある「逸話」と「値段」に釣られるのは実に惜しいことですわな。
それを無視して見るってのもまたできないことですけどね。

まぁ、それ全部ひっくるめて、色々飼育しながらイヂりながら
「やっぱフスカスええわ」となったのが私でした(笑)
いや、結局のところ、フスカスは至高であって究極、完成されてますよ。
これは手にした人、皆が口を揃えるところだと思います。


ストックルームに種親いますんで、ご興味ある方はご覧になれますよん。
画像なんざ、アップしといてなんなんですが(笑)、やっぱり実物見るのが一番ですから。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

catoon

Author:catoon
ラセルタルーム店主。

販売サイトはコチラ
↓   ↓   ↓

ラセルタルーム
爬虫類両生類の輸入 繁殖 販売
LACERTA ROOM
ラセルタルーム

13 東京都 販 第 004282 号
動物取扱責任者:加藤保憲
動物取扱業の種別:販売
登録年月日:平成26年4月3日
有効期間末日:平成36年4月2日

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南2-1-3
日本アタックビル201
TEL&FAX:03-5913-7520
http://www.lacertaroom.net/
E-mail:info@lacertaroom.net

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
twitter
リンク
ブログ内検索
RSSフィード