FC2ブログ

新着ニューカレスキンクズ

さて、やっと重い腰をあげて新着のニューカレのスキンクの撮影をしました。
まぁ~チョロチョロしやがりましてね、なかなか面倒くさそうだったのと、かなーり小さいのでノビノビになっておりました。

ニューカレドニアといえば、ジャイアントゲッコーやクレステッドゲッコーに代表されるヤモリで有名な島ですが、実はスキンク大国。
実はというか、凄いスキンク大国。
ニューカレドニアの爬虫類の図鑑買ったら、殆どスキンク(笑)
大きいのからチョーーー小さいのまで非常に多種多様で、しかも現在も数多くの新種が見つかっているほど。
魅力的な種も多いのですが、ラコダクの影に隠れてるのか(笑)、今まで商業ルートにも殆ど乗ることはありませんでしたね。
今回たまたま向こうで出物があったので、全買い。
てか、そりゃ買うでしょ。
ニューカレドニアのスキンクでっせ?


Celatiscincus euryotis

まずはイル・デ・パンのペールヒップスキンク。
割と最近になって、グランドテール島北部でもこれに非常に良く似たペールヒップスキンクが見つかってますが、これはパイン島の固有種。

celatiscincus01.jpg
Celatiscincus euryotis

うーーん、小さい(笑)
この個体まだサブアダルトくらいで、大体頭胴長4cm前後にはなるようなので、あと一回りくらいは大きくなるかな。
残念ながら今回この1個体のみの入荷ですが、次回向こうで殖えた暁には優先的に回してもらえるように言ってありますんで、なんとかなるかな。

caledoniscincus02.jpg
Caledoniscincus austrocaledonicus

グランドテールのコモンリッタースキンク。
国産のスベトカゲ辺りにいそうな質感で、やっぱり上のペールヒップに比べると潜りやさんですが、国産のよりもうちょいバスキンクしに出てくる感じ。
こちらはペア取り可。
図鑑によると、2~3個くらいの卵を産むもよう。
どんだけ小さい卵なのか謎ですがね・・・

caledoniscincus01.jpg
Caledoniscincus austrocaledonicus

ちなみに上記二種の飼育は、床材湿らせて、スポット一個点けてやってという、所謂小型スキンクキープ方法でキープしてます。
小さいコオロギぱくぱく食べて、バスキングしにチョロチョロ出てくるので結構飼ってておもしろいですね。


ということで、やっと撮影した新着の小さなニューカレスキンクを欲しいという方は店主まで。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

catoon

Author:catoon
ラセルタルーム店主。

販売サイトはコチラ
↓   ↓   ↓

ラセルタルーム
爬虫類両生類の輸入 繁殖 販売
LACERTA ROOM
ラセルタルーム

13 東京都 販 第 004282 号
動物取扱責任者:加藤保憲
動物取扱業の種別:販売
登録年月日:平成26年4月3日
有効期間末日:平成36年4月2日

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南2-1-3
日本アタックビル201
TEL&FAX:03-5913-7520
http://www.lacertaroom.net/
E-mail:info@lacertaroom.net

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
twitter
リンク
ブログ内検索
RSSフィード